式場の種類

海外挙式の場合の結婚披露宴

今人気の結婚式のスタイルの一つとして、海外挙式があります。
海外ならではのロケーションを満喫しながら、新婚旅行を兼ねて海外で行う人も増えてきています。
旅行会社でもそういったプランが数多く揃えられていて、一つの結婚スタイルとして確立しています。
普段海外旅行などに行ったことがない身内にも、新郎新婦からの旅行のプレゼントのような形で行う人もいます。

海外挙式の場合、多くの人が身内や本当に親しい友人数人だけで行うことが多いです。
やはり旅費などの負担も多いので、どうしても人数に限りが出てしまいます。
せっかくの結婚を多くの人に祝福してもらいたい、挨拶や披露をかねてしっかりとした披露宴を行いたいと思う人も多いです。
海外挙式をした後、日本で結婚披露宴だけ行うというケースが多いです。

こういった場合の結婚披露宴は、どのような形が多いのでしょうか?
もちろん挙式などで費用がかかっているので。
予算的な都合も影響があるといえます。
予算に余裕がある人は、一般的な結婚披露宴と同じようなスタイルで行う人もいます。
また親戚や地域での付き合いなどがとても多い場合も、正式な結婚披露宴を行う場合が多いです。
それ以外の場合は、レストランウェディングや専門式場などで簡単なお披露目会のような結婚披露宴を行う人が多いです。
中には二次会よりも少し豪華な感じの結婚披露宴を行う新郎新婦もいます。

どのような結婚披露宴にするのか決める大きなポイントは、予算と参列者との関係です。
海外挙式では予算を大きく使う人が多いので、結婚披露宴ではご祝儀で賄えるほどの結婚披露宴にする人が多いです。
衣装などをおさえるだけでも予算的には、大きく変わってきます。マリッジリングやエンゲージリングなどの出費もあるので、抑えられる費用は抑えておきましょう。

また参列者が友人がほとんどの場合は、簡単なパーティー形式の結婚披露宴にされる人が多いです。
逆に親族や親せきや会社関係など、目上の人が多い場合は、正式的に近い結婚披露宴を行った方がいいでしょう。
ご両親の意見や過去に海外ウェディングを行った人の話を、プランナーから聞いたりして参考にされるといいでしょう。
こちらのサイトでは、心のこもった演出やスピーチについて解説されていました。とても参考になりますので是非ご覧ください。

Menu